ブログ

日々の出来事などを更新して行きます。

店舗建替えコンサル~解体撤去工事編 2019/02/28 解体前残置物、内部解体撤去を経て養生アスベスト撤去を経て重機搬入部開口いよいよ、重機による躯体解体スタート順調に工事が進む 基礎解体整地 商業地域で隣接して建物が建ち並ぶ商店街とあって、車や人通りも多い現場でしたが、無事施主様へ完了引渡しとなりました(^^)さあ、これからが本番だ!!
こつこつ、ゆっくり。 2019/02/26 未見の方は、シアタードーナツ・オキナワ(沖縄市)で是非!同劇場で2月28日(木)まで。老夫婦の生き方が“人”として、とてもキラキラしていて、昨今の沖縄経済、特に不動産業活況も考えさせられました。。。
三角サクラ満開 2019/02/19 今日は近所の食堂でランチ両サイドが道で敷地が三角の形状なので、名称はズバリ“三角食堂”おかずも美味しかったし、この時期ならではの“三角サクラ”で目の保養にもなり、得した気分になりました(^^♪
サクラサク(^^)/ 2019/02/15 お手伝いしていた仲介物件、本日残金決済、引渡し無事終了しました♪この充実感、達成感はやはり、不動産業ならではです! 画像は近所の普天満宮の桜🌸今の気持ちを表すとこんな感じです(^^)/
初心と土台の有り難さを忘れず精進していく。 2019/02/04 2月2日は弊社の創立記念日でした♪あっという間の1年。家族からお祝いの花を頂きました(^^)/これからも初心と土台の有り難さを忘れず精進していきます!
足下大事。。。見えないところ 2019/02/01  建替え工事コンサルに伴う、地質調査(ボーリング・標準貫入試験)。地質調査は、どのような建物支持方法にするかの判断材料になると同時に、建物規模や杭工事有無による工事費まで影響する大事な作業。設計段階で行うことが望ましいです。建物にかかる全ての荷重は最終的には基礎から地盤に伝わるので、地盤と建物の関係はとても重要!調査の目的は、地盤の支持力と沈下量を調査することで、基礎がしっかりしていても、地盤が悪ければ意味がなく、そのまま施行すれば不同沈下につながることになります。(床が平らでなくなったり、壁にひびが入ったり、窓や引き戸が開きにくくなったりします。。。)見えないところがとても大切ですね。@ボーリング調査:当該地に分布している土質の地盤構成及び支持層深度を確認する。@標準貫入試験:土の硬軟、締まり具合を判別するためのN値の測定を目的とする試験。
収益の帰属・負担金の分担 2019/01/23 不動産の売買契約書にある、(収益の帰属・負担金の分担)とは?例えば売買物件がアパートや店舗等収益物件だった場合、引渡し日の前日までを売主が賃料という収益を得て、引渡し日より買主が引き継ぐ。負担金の分担は、逆にマンション等の管理費や修繕積立金等といった支出がある場合。これも上記と同様引渡し日前日までを売主、引渡し日より買主が分担するといった内容となります。土地の取引でも、(収益の帰属・負担金の分担)がある場合があります。敷地内にある電柱の賃借料です。オーナー様もずっと放置していて売買取引がある時に初めて手続き、対応する場合もあります。このような時も関係先に連絡、調整を経て、きれいに引継ぎ取引したいものです。
撮る価値がある被写体とは 2019/01/19 本日、ある業者が手掛けた住宅のドローン空撮を見学させて頂きました♪前進、後進、上昇、下降、横移動、斜め移動等、動きがあることで流動感、臨場感が増し、上空から俯瞰して見ることで住宅と風景とのダイナミックな関係性が際立ち、モニターからこの業者の仕事ぶりがビンビン伝わってきました!難しい現場だったからこそ、空撮する価値あるモノが出来上がったと思う。この映像が世に出たら、この業者仕事依頼の電話殺到だなぁ。。。(^^♪ドローン、折りたためば、こんなにコンパクトに(^^)v
黄金色♪ 2019/01/16 住宅ローンアドバイザー免許更新しました。同資格は資質向上を前提とした更新制なんですね。シルバーだったものが、今回からゴールドカードになりました♪これからも、“借りられる”ではなく“返せる”住宅ローンの提案を心がけていきます。
屋外広告物 2019/01/15 幹線道路沿いに建物を保有するオーナー様より、屋外広告物を検討したいとのことで、中部土木事務所で確認してきました。屋外広告物は情報の受け手にとって有益なものであったり、街を活気づけたりする反面、無秩序に表示されると自然景観・街並みや歩行空間が阻害される恐れがあることで様々な規制があります。“沖縄県屋外広告物条例の規定による禁止地域等、禁止物件及び許可地域等の指定”によると、県内数十か所の道路の区間の道端から両側300m以内は禁止地域になっている。同物件は高低差はあるものの、沖縄自動車道道端から10m以内(*_*;

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL 090-943-9512
メールフォームからのお問い合わせ
Copyright 不動産コンサルTAKABE All Right Reserved.