ブログ

見えないけど、確かにある線

2019/04/19

 タイトルの「見えないけど、確かにある線」

それは何かいうと、土地の境界のライン。

境界標から境界標までの直線がそれで、その範囲内が地番で区分された所有権を有する敷地ですが、たまに現況と違っている場合があります。

様々な境界標

 

既存のブロック塀が境界だと思っていたのに、測量してみると実はそのブロックが隣地へ越境していた。奥に行くと逆にこちらの敷地に入っていた。

建物の庇、雨樋、クーラーの室外機、木の枝等、本来なら敷地内に収まるべきものが、越境していた等々。

“公図と現況は必ずしも一致しない”

ことを留意しながら、不動産売買の際には見えないけど確かにある線と現況を把握して、検討進めてもらいたいです。

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL 090-943-9512
メールフォームからのお問い合わせ
Copyright 不動産コンサルTAKABE All Right Reserved.